ローカル交通ルールとは?名古屋走り、松本走り、茨城ダッシュなど地方の運転事情とは?

最近、車による事故が多発していますが、普段運転をする時、何に気を付けて運転していますか?

 

日本の道路を走る場合、全国共通で「道路交通法」のルールの中で運転をしているのですが、中には悪質なローカルルールの存在があるのをご存知ですか?

 

地域の特性によってご当地ならではの交通ルールが存在し、運転に県民性がでてしまっている現状…。

ローカル交通ルールを見る限り、危険極まりない悪質なルールが多く、事故につながる恐れがあります。

 

なぜ、共通の道路交通法があるのに地域によって独自のルールができてしまったのでしょうか。

 

今回は【ローカル交通ルールとは?名古屋走り、松本走り、茨城ダッシュなど地方の運転事情とは?】ということについてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

ローカル交通ルールって何?

ローカル交通ルール とは 名古屋走り 松本走り 茨城ダッシュ 地方 運転事情 とは

最近、相次ぐ車による交通事故をきっかけに、交通マナーの問題が話題になっています。

特に酷いものでは、命に係わる事件を起こし、一生を棒に振ってしまう事例にまでつながります。

 

そんな危険なローカル交通ルールについて、詳しく見ていきましょう!

名古屋走り

ローカル交通ルール とは 名古屋走り 松本走り 茨城ダッシュ 地方 運転事情 とは

日本屈指の自動車会社、トヨタ自動車のある愛知県からに「名古屋走り」と呼ばれるローカル交通ルールが存在します。

 

中には“黄色まだまだ、赤勝負”といった、いわゆる信号無視をし、この行儀の悪い運転および道路交通法違反運転はとても問題になっています。

 

全国共通の道路交通法を守っているドライバーさんであれば、黄色は原則として止まり、赤では完全に止まるのがルールですよね。

 

しかし「名古屋走り」では、黄信号はまるで躊躇わず青信号と同じように進み、赤信号でやっと多少気をつける、というなんとも危ない走りをすることがあります。

松本走り

ローカル交通ルール とは 名古屋走り 松本走り 茨城ダッシュ 地方 運転事情 とは

城下町であった松本市は細い道の交差点が多いので、そんな交通事情から右折車で渋滞することも多いそうです。

それを回避するため右折優先で走行する極悪な右折をする車が多く、これを「松本走り」といいます。

 

もちろんノーウインカー、ノー後方確認なのです、後ろにいるドライバーはヒヤヒヤものです。

 

松本走りがこれだけ右折に命をかけているのは、城下町ならではの込み入った道路事情、狭い道幅のせい…だとしても、危険運転には変わりないので、気をつけましょう。

岡山ルール

ローカル交通ルール とは 名古屋走り 松本走り 茨城ダッシュ 地方 運転事情 とは

車線変更をする時や右折時、左折時で必要なはずの”ウィンカーを出さない”というのが「岡山ルール」と言われるものです。

なぜウインカーを出さないのでしょうか。

 

岡山では、ウィンカーの使用する運転は初心者がする恥ずかしい行動だという認識が浸透しているようで、ウインカーを使用しないそうです。

 

そのため、岡山県の対策としては、“合図”というウィンカーを促す道路標識まで存在しています。

茨城ダッシュ

ローカル交通ルール とは 名古屋走り 松本走り 茨城ダッシュ 地方 運転事情 とは

信号が青に変わるのと同時に直進者よりも先に右折する運転方法のことを「茨城ダッシュ」といいます。

これは道路交通法違反で、普通車で反則金4000円、違反点数1点の罰則がつきます。

山梨ルール

ローカル交通ルール とは 名古屋走り 松本走り 茨城ダッシュ 地方 運転事情 とは

山梨県に存在する独自の交通ルールは、右折に命をかけるあまり“右折優先”というのが「山梨ルール」です。

山梨県における右折優先というのは、対向車の有無にかかわらず減速なしで右折をすることです。

 

全国共通の交通ルールでは「左折優先」で、教習所でもそのように習うのですが、山梨県では逆に右折が優先なのです。

そのため、右折する車は対向車に関係くな減速しないで右折してきます。

 

この速度超過も山梨ルールの特徴で、だいたい法定速度よりも20km~30kmほどオーバーして走っています。

なので、山梨県を法定速度を守って運転していると、ピッタリくっついて煽られるかもしれません(汗)

 

さらに、歩行者が横断歩道で待っていてもお構いなしに走っていく車優先地域です。

伊予の早曲がり

ローカル交通ルール とは 名古屋走り 松本走り 茨城ダッシュ 地方 運転事情 とは

愛媛県に存在する独自のルールは「伊予の早曲がり」と言われるものです。

 

交差点を右折する際に、直進車よりも早く右折する行為のことで、急発進をするのが特徴で、愛媛県に多い違反とされるため、この俗称がつきました。

 

これは交通違反のひとつで、右折車と直進車の間で事故が起こりやすいということで、非常に問題となっています。

また、愛媛県民は、全体的におっとり穏やかといわれていますが、ハンドルを握ると性格が変わるともいわれています。

スポンサードリンク

播磨道交法

ローカル交通ルール とは 名古屋走り 松本走り 茨城ダッシュ 地方 運転事情 とは

兵庫県の播磨地方における独自の交通ルールに「播磨道交法」というものがあります。

車線変更をする時は、狭い間隔でもスペースさえあれば割り込みOKで、ウインカーは曲がると同時に出します。

 

交差点には先に入った車が優先なので、右折時に対向車が直進して来ても待たずに発進します。

また、右折時は対向車が左折でも待っていると後続車にクラクションを鳴らされるので、一緒に曲がる

阿波の黄走り

ローカル交通ルール とは 名古屋走り 松本走り 茨城ダッシュ 地方 運転事情 とは

徳島県で見られる「松本走り」「名古屋走り」と集約されていると言われるぐらい悪質な「阿波の黄走り」です。

 

徳島における黄色信号は「まだ青のうち」といわれていて、信号が黄色に変わった瞬間、さらにスピードを上げて交差点に進入します。

 

また、右左折や車線変更の際にはウインカーをしないのも阿波の黄走りの特徴です。

また、ウインカーの点灯と同時に車線変更を行ったり、曲がりながら合図を行うという悪質なケースもあります。

ローカル交通ルールとは?名古屋走り、松本走り、茨城ダッシュなど地方の運転事情とは?のまとめ

ローカル交通ルール とは 名古屋走り 松本走り 茨城ダッシュ 地方 運転事情 とは

いかがでしたでしょうか?

ご当地の運転ルールをまとめてみましたが、とても怖いです。

 

「県民性だから」で済まないような運転の仕方は、マナー違反や法律違反のことが多いです。

 

ルールを守るのも大事ですが、法律違反をしないようにするというよりも、運転をする以上安全に運転するためのルールなので、守りましょう!

 

自分さえ良ければいいという考え方がなくならなければ、社会全体は良くならないですね。

 

今回ご紹介したものは、すべての車両が該当するわけではなく、ごく一部の悪質な者の行為ではありますが、遭遇率が高いのも事実です。

 

個人の運転マナーの低さを実感し、見直しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です