台風2018 8号最新進路予想!気象庁と米軍の被害予想

2018年に発生した台風8号で名前はマリア。

大雨で多くの被害をもたらした台風7号はからまたすぐに発生しています。

 

今回は、2018年の台風8号であるマリアの最新進路予想を気象庁と米軍の情報から詳しく解説していきます!

また、日本への上陸日時から、被害予想についても予測していきます!

スポンサードリンク

台風2018 8号の特徴

<06日21時の実況>
大きさ
強さ 猛烈な
存在地域 マリアナ諸島
中心位置 北緯 16度40分(16.7度)
東経 141度20分(141.3度)
進行方向、速さ 北西 15km/h(7kt)
中心気圧 920hPa
中心付近の最大風速 55m/s(105kt)
最大瞬間風速 75m/s(150kt)
25m/s以上の暴風域 全域 130km(70NM)
15m/s以上の強風域 全域 330km(180NM)
<07日21時の予報>
強さ 猛烈な
存在地域 マリアナ諸島
予報円の中心 北緯 18度00分(18.0度)
東経 140度55分(140.9度)
進行方向、速さ 北北西 ゆっくり
中心気圧 910hPa
中心付近の最大風速 55m/s(110kt)
最大瞬間風速 80m/s(155kt)
予報円の半径 90km(50NM)
暴風警戒域 全域 240km(130NM)
<08日21時の予報>
強さ 猛烈な
存在地域 日本の南
予報円の中心 北緯 20度25分(20.4度)
東経 137度50分(137.8度)
進行方向、速さ 北西 15km/h(9kt)
中心気圧 905hPa
中心付近の最大風速 60m/s(115kt)
最大瞬間風速 85m/s(165kt)
予報円の半径 180km(95NM)
暴風警戒域 全域 350km(190NM)
<09日21時の予報>
強さ 猛烈な
存在地域 日本の南
予報円の中心 北緯 22度50分(22.8度)
東経 132度40分(132.7度)
進行方向、速さ 西北西 25km/h(13kt)
中心気圧 905hPa
中心付近の最大風速 60m/s(115kt)
最大瞬間風速 85m/s(165kt)
予報円の半径 260km(140NM)
暴風警戒域 全域 430km(230NM)

2018年で日本に影響を及ぼす3回目の台風となる8号、マリア。

7号による大雨の影響で土砂崩れや洪水の影響もある中、8号の発生ということで苦しい状況となっています。

 

また、8号の最大の特徴は”暴風”となっています。

 

最大瞬間風速が85m/s(165kt)、中心付近の最大風速が60m/s(115kt)といことで、猛烈な台風となります。

中心付近の最大風速が60m/s(115kt)となると、止まっている車が動いてしまったり、カーポートが倒れてしまったりと、かなり危険です。

今のうちに対策をしておきましょう。

 

台風の風速の目安

中心付近の最大風速 : 強さの目安

・0~17m/s:最弱の台風。春一番レベルで被害はほぼ無い。

・17~25m/s:ただの台風。油断は禁物で暴風警報も確認が必要。

・25~33m/s:やや強めの台風。暴風雨警報がでる可能性が高い。

・33~44m/s:強めの台風。雨戸を閉めて外出は控える。

・44~54m/s:非常に強い台風。駐車場の車の動くほどの風が吹く。

・54~60m/s:猛烈な台風。風速計が壊れるほどで家も飛ぶ可能性がある。

・60m/s以上:スーパー台風。街の全てが麻痺するレベル。日本は未経験。

台風2018 8号最新進路予想!『気象庁』

台風2018,8号,最新進路予想,気象庁,米軍,被害予想

気象庁の現状把握から見て行きます。

台風8号の最新進路予想としては、太平洋から移動してきて、北西にむかってすすんでいます。

 

台風8号は非常に遅いスピードで移動しており、風力を上げ続けています。

中国から強い風が吹いているので、このまま北西に進みきらず日本本土へ方向転換をする可能性も0ではありません。

 

また、沖縄県への上陸はほぼ確実となっていますので、沖縄の方は注意が必要です。

 

速度が遅いので、日本へ上陸した際にも、2~3日ほどかけてゆっくり横断することが予測できます。

暴風の予想がされますので、しっかり対策していきましょう!

台風2018 8号最新進路予想!『米軍』

台風2018,8号,最新進路予想,気象庁,米軍,被害予想

続いて、米軍のJTWCの予想も見て行きます。

気象庁の最新進路予想よりも、5日ほど先の予想まで見ることができます。

 

途中までは気象庁の予想と同じなのが分かりますが、沖縄上空を通った後は中国のほうへ抜けていく予想されています。

 

速度に関して、はじめのゆっくりの速度をキープしていますが、一定のところを通過した瞬間一気に加速していく予想となっています。

台風2018 8号の日本上陸日や被害予想

台風2018 8号の日本上陸日と被害について、予想していきます。

今までの台風情報を元に、だいたいの予測をすることが可能となっています。

 

台風2018 8号は日本へ上陸する日程は、

 

「7月9日の夜~10日夜にかけて沖縄上空を横断」

 

となります。

沖縄への一番被害が及ぶ時間帯の予想としては

 

「2018年7月10日お昼ごろ」

 

と予想されています。

 

9日は月曜日で10日は火曜日となっていますので、会社に出勤する方、学校へ行く方は注意です。

今回の台風ですが、日本の本州への侵入確立は

 

「殆ど無し!!」

 

となります。

ただ、大変風が強い台風となっているので、ある程度本州への影響も考えられます。

油断せず準備だけはしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です