台風21号の最新進路予想(気象庁・米軍)!東海地方への影響や上陸の可能性は?

台風21号 最新 進路 予想 気象庁 米軍 東海地方 影響 上陸 可能性

台風20号は、勢力を弱めながら温帯低気圧に変わり、各地に大雨をもたらすものの台風としての上陸はありませんでした。

しかし、その直後にまた台風21号が発生。

当初台風21号は日本列島に直接の影響はないとされていましたが、急発達しながらマリアナ諸島付近を北上。

22日(火)には、非常に強い勢力になるということで、日本列島への影響が懸念されています。

台風21号の最新進路予想(気象庁・米軍)を解説していきます。

また、東海地方への影響についても見ていきましょう!

スポンサードリンク

気象庁の進路予想

台風21号 最新 進路 予想 気象庁 米軍 東海地方 影響 上陸 可能性

まずは気象庁の予想から見ていきましょう。

【台風21号】10月21日(月)15時

場所:マリアナ諸島

強さ:強い

移動:西北西20Km/h

中心気圧:955hPa

最大風速:40m/s(中心付近)

最大瞬間風速:60m/s

 

強い勢力の台風21号は、マリアナ諸島付近を北上中。

大きなカーブを描きながら、今後しばらくは北西に進み、23日(水)ごろには非常に強い勢力となって小笠原諸島に接近するおそれがあります。

 

小笠原諸島に接近する時の中心気圧は935hPaで、最大風速は50m/sとなる予想となっています。

その後はだんだん東よりに進路を変えて、日本の東に抜けていくという進路予想となっています。

 

沖縄や九州地方には上陸しませんが、東海地方についてはかすめる可能性があります。

米軍の予想進路

台風21号 最新 進路 予想 気象庁 米軍 東海地方 影響 上陸 可能性

沖縄ではよくあたると言われている米軍の台風の予想進路です。

米軍の予想進路も大きくカーブを描きながら北上していく予想が分かります。

 

米軍の予想では、10月24日(木)~25日(金)には、日本列島に接近し関東地方に影響を及ぼす可能性がありますね!!

しかし、そのまま上陸せずに26日(土)には、関東地方には上陸せずに三陸沖へ抜けていく予想となっています。

スポンサードリンク

東海地方への影響や上陸の可能性は?

大きなカーブを描いて北上している台風21号ですが、東海地方への影響や上陸の可能性はあるのでしょうか?

現在の予想進路を見てみると、東海地方はかすめる程度で上陸の可能性は低いです。

 

また、風量、雨量共に大きな影響を受けることはないと考えられます。

東海地方よりも、関東地方のほうが大きな影響を受ける可能性が高いですね!!

台風21号の最新進路予想(気象庁・米軍)!東海地方への影響や上陸の可能性は?まとめ

台風21号の気象庁・米軍の最新進路予想を解説しました!

台風21号は、日本列島への直接的な影響の可能性は低く、上陸の可能性も低いと言えるでしょう。

 

ただし、関東地方への影響は油断できず、被災地は警戒が必要となってきます。

次から次へと台風が発生していきますが、もろくなっている地域は少しの台風でも大きな影響を受ける可能性があるので最大の警戒をして台風対策をしていきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です