【台風17号2019最新進路予想】気象庁や米軍の日本上陸日予想はいつ?たまごから発展しない可能性も?

2019年9月末に発生した台風17号のたまご。

どうやらこのまま台風に発展することは避けられないようです。

 

今回は、台風17号2019の最新進路予想を「気象庁」「米軍」「ヨーロッパ」の別々で解説していこうかと思います!

気になる日本上陸の日にちや時間もばっちりみていきましょう^^

男性

げ また?最近台風おおすぎない?w

女性

九州は大雨の被害がまだ完全には復旧してないはず。 週末の三連休で、また大雨になる予報が出ているので、本当に大変。 収穫の秋を迎えるというのに。

スポンサードリンク

【台風17号2019最新進路予想】まずは特徴から!

<19日09時の実況>
大きさ
強さ
熱帯低気圧
存在地域 沖縄の南
中心位置 北緯 22度25分(22.4度)
東経 128度40分(128.7度)
進行方向、速さ 西北西 ゆっくり
中心気圧 998hPa
最大風速 15m/s(30kt)
最大瞬間風速 23m/s(45kt)
<20日09時の予報>
強さ
存在地域 宮古島の南東約290km
予報円の中心 北緯 23度00分(23.0度)
東経 127度20分(127.3度)
進行方向、速さ 西北西 ゆっくり
中心気圧 994hPa
最大風速 18m/s(35kt)
最大瞬間風速 25m/s(50kt)
予報円の半径 150km(80NM)

最大風速の予想は25m/s(50kt)。

「普通の台風」となりますね。

目安としてはこちら!

 

台風の風速の目安!

中心付近の最大風速 : 強さの目安

・0~17m/s:最弱の台風。春一番レベルで被害はほぼ無い。

・17~25m/s:ただの台風。油断は禁物で暴風警報も確認が必要。

・25~33m/s:やや強めの台風。暴風雨警報がでる可能性が高い。

・33~44m/s:強めの台風。雨戸を閉めて外出は控える。

・44~54m/s:非常に強い台風。駐車場の車の動くほどの風が吹く。

・54~60m/s:猛烈な台風。風速計が壊れるほどで家も飛ぶ可能性がある。

・60m/s以上:スーパー台風。街の全てが麻痺するレベル。日本は未経験。

以前の台風に比べればやや弱めの台風となりますね。

ただ、雨の多い台風となりますので、前回の台風で大きな被害を受けた地域の方は引き続き注意が必要ですね(>_<)

スポンサードリンク

【台風17号2019最新進路予想】気象庁や米軍の日本上陸日予想はいつ?たまごから発展しない可能性も?

それではさっそく、

・気象庁

・米軍

・ヨーロッパ

それぞれの最新進路予想を見ていきましょう!!

 

【台風17号2019最新進路予想】気象庁の予想

気象庁の予想としては、「まだそこまで詳しくはわからない」といったところでしょうか。

20日9時の時点ではまだ本州の方には上陸しておらず、沖縄の周辺で停滞している予想となっています。

 

今回の台風は風力はそこまで強くないですが、移動速度もおそく、長時間に渡って雨が降ることが予想されます。

その理由としては「秋雨前線」の存在があります。

 

日本列島の下から上がってこようとする台風17号に対して、上から進路を邪魔するかのように秋雨前線が立ちはだかっています。

そのため、台風の移動が制限されてしまい、遅くなっている模様。

 

台風の進路も気になるところですが、秋雨前線の動きにも注意が必要です。

【台風17号2019最新進路予想】米軍の予想

次は、米軍の進路予想も見ていきましょう。

米軍のJTWCの予想としては「19日の夜にはたまごから台風に変わる」とのことですね。

 

雲の動きがはっきり見える米軍のJTWCですが、雲が集約されているのが目に見えて分かります。

雲の集まり方を見る限りでは、早段階で台風へと発展することが予想されますね。

 

また、周りの雲の動きを見る限りでは「さらに大きくなるのではないか」という予想もされています。

台風のたまごの周りにある雲も全て吸収して大きく発展していくとなると、風速も強くなりますし、雨量も多くなるでしょう。

【台風17号2019最新進路予想】ヨーロッパの予想

続いてはヨーロッパのECMWFの予想も見ていきます。

こちらは「範囲が広い台風である」と予想されていますね。

 

周りの雲を巻き込んで大きくなることが予想されています。

気象庁の予想である「25ms」に対して、「30msは超えるのではないか?」と予想されていますね。

 

進路の進み具合が遅いこともお同じように予想されていますので、こちらはほぼ確定情報だと言えるでしょう。

はやり原因は「秋雨前線」ですね~!

スポンサードリンク

【台風17号2019最新進路予想】たまごから発展しない可能性も?

台風17号は東シナ海を北上後、対馬海峡を通って日本海を進むコースが有力。

日本海に達した頃にはすでに暴風域はなく、温帯低気圧に性質が変わる見込み。

 

温帯低気圧に変わると確かに中心付近の勢力は弱まるものの、強い風の吹く範囲は拡大する。

北アルプスの稜線では風速45m/s(平均)の予想されています!

男性

秋晴れ方面へ。気圧は上昇傾向、なんかちょっと元気出てくるけども、台風発生してくるからまたちょっとねえ。今日は楽しく過ごせるぞ多分。やり残しが出てた仕事を片付けておこうか。北のほうは気圧低下。

女性

台風に成長しなくてええし 来なくて良いから。。

台風17号が卵から発展しない可能性はほぼなく、ほぼ確実に台風へと発展する予想なります。

引き続き注意していきましょう!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です