令和天皇誕生日はいつ?平成天皇の誕生日(12月23日)は祝日じゃなくなる?

令和天皇 誕生日 いつ 平成天皇 誕生日 12月23日 祝日

ついに令和元年となりました!

私たちの生活において、元号が変わることで大きな違いはないかもしれませんが、気になるのは天皇誕生日の祝日ではないでしょうか?

 

令和天皇誕生日はいつで、祝日はいつになるのか?

様である平成天皇の誕生日であった12月23日は今後どうなるのかについても見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

令和天皇の誕生日は?


令和天皇の誕生日は2月23日。

祝日法が改正され、2月23日は祝日になることが決定されています。

2020年2月23日は日曜日のため、24日が振替休日の三連休になります。

上皇様の誕生日は12月23日で祝日でした。

と、言うことは、2019年は、天皇誕生日での祝日がない年ということになりますね。

これは、1948年の祝日法施行以来初めてのことなんだとか。

しかし、だからと言って2019年の祝日の日数が減ってしまうというわけではなく、むしろ2018年の16日という祝日の期間よりも日数的には祝日は多くなっているようです。

それは、即位日である5月1日や、即位礼正殿の儀が開かれる10月22日が祝日になるためです。

2019年の祝日は、全部で17日間ということになります。

スポンサードリンク

平成天皇の誕生日は平日になる!

歴代の天皇である明治天皇の誕生日は11月3日の文化の日、昭和天皇の誕生日は昭和の日である4月29日と祝日になっています。

しかし、上皇様である平成天皇の誕生日である12月23日は、2019年においては平日になるとされています。

 

これは、「上皇の誕生日を祝日にすることで、権威付けになりかねない。上皇に感謝する民間行事が開かれる可能性もあり、少なくとも上皇在位中の祝日化は避けるべきである」という考えによるものなんだとか。

天皇陛下が退位するというのは、終身在位された明治以降初めてのケースであるため、色々と考えるところがあるようですね。

SNSでの反応は?

令和天皇誕生日はいつ?平成天皇の誕生日は祝日じゃなくなる?まとめ

令和天皇の誕生日は2月23日で、令和元年においては天皇誕生日の祝日はないということがわかりました!

令和2年の天皇誕生日は日曜日であるため、翌日の24日が振り替え休日となり3連休になります。

 

初めての天皇誕生日で3連休なんて特別感がありますよね!

平成天皇の12月23日は平日になるということで、ちょっとしたクリスマス休暇がなくなってしまうと悲しんでいる人もいるようです。

 

天皇が退位するというのは、とても異例なことであるので色々と前例にないことが起こるようですね。

私たちの生活にかかわってくることは、しっかりとチェックしておきたいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です