パンの冷凍保存方法と解凍方法はこちら!パン屋直伝の美味しく食べる方法をご紹介!

つい買いすぎてしまうパン…。しかし、パンは風味が落ちるのが早く、特に夏場はカビやすいので2日以内に食べきらないと…。

「でもそんなの無理!」って方には、品質を落とさないためにも【冷凍保存】をおすすめします!

 

冷凍?と思った方もいるかもしれませんが、「冷凍した方が美味しい♪」なんて声も上がっています。

今回はパンの【冷凍保存】【解凍方法】【保存期間】【口コミ】などにてご紹介します。

さっそく見ていきましょう(^_-)-☆

スポンサードリンク

冷凍保存がおすすめ!

 

食べきれない場合は、できるだけ新鮮なうちに【冷凍保存】することをおすすめします。

パンをとりあえずカビ防止に冷蔵庫にいれてしまっていませんか?

 

実際、冷蔵保存しているご家庭が多いのですが、冷蔵庫の温度というのはパンに含まれるデンプンの老化を早く進めてしまいます。

また、水分の蒸発も早くなるので、乾燥したり硬くなったりしやすく、パンの劣化が早くなってしまいます。

 

パンを買った時にいつ食べるのか?今なのか?明日なのか?食べ時を決断するということが大事です。

何故かというと、パンは冷凍しよという時には、すでにパンの風味が落ちて乾燥も始まっているので、出来るだけ早いうちに冷凍するかどうかを決めて、すぐに冷凍しましょう!

 

私は冷凍する前提でパンを買うことがあります!なので、帰ったら冷凍する分は速攻冷凍しちゃいます(^^)v

そうすることで、パンの風味を失うことなく保存することが出来ます!

冷凍保存可能なパン

おおよそほとんどの「菓子パン」「惣菜パン」冷凍保存が可能です!

「デニッシュ系のパン」や「スナックパン」、「ロールパン」や「あんパン」、「クリームパン」、「メロンパン」などの菓子パンも冷凍保存可能です。

 

おかず系の「ソーセージのパン」や「焼きそばパン」、「揚げ物系が挟んであるパン」も冷凍保存可能です!

判断基準は冷凍食品を想像すると分かりやすいかもしれません。(笑)

冷凍保存の方法

冷凍保存するときに一番気を付けることは「しっかり密封すること」です!

冷凍保存の手順を見ていきましょう♪

  • 食パンは、パンを1枚1枚ラップでぴったりと包んで空気を抜きます。
  • フランスパンはスライスしてラップでぴったりと包みます。
  • 小さめのパンは1個そのままラップでぴったりと包みます。
  • 冷凍庫の臭い移りを防ぐ為、ファスナーつきの保存袋に入れ冷凍します。

 

冷凍時の注意点

パンを冷凍する際に注意する点をご紹介します。

  • 潰さないようにそっと入れる
  • 種類が違うパンと一緒にしない
  • 凍るまでは重ねない

 

パンが潰れないようにそっと取り扱ってください。

種類が違うパンを一緒にしないということですが、例えば「あんぱん」と「クロワッサン」を同じ袋の中に入れてしまうと、あんぱんがクロワッサンの油を吸収してしまうおそれがあります。

 

油分が豊富に含まれているクロワッサンのようなパンは、その種類だけで保存した方が良いです。

冷凍パンの解凍方法

冷凍したパンの解凍方法についてですが、これは「菓子パン」、「惣菜パン」共に、自然解凍が一番いい解凍方法です。

自然解凍で一番のベストは“前日の夜に冷蔵庫に移しての自然解凍”です。

 

冷凍保存してあるパンをすぐ食べるときは、凍ったままトースターでいつもと同じ時間程度に温めましょう。

凍ったまま焼くことで、パンの水分が逃げずにおいしく食べられます。

 

「ジャムトースト」や「ピザトースト」にする場合も、冷凍してあるパンにそのまま塗って焼けばOKです

「メロンパン」や「菓子パン」など、表面に砂糖などのコーティングしてあるパンは、アルミホイルを被せ温めることで、焦げる心配もなくなく、美味しくていただけます♪

すぐに解凍したい場合

自然解凍する時間がない場合、ラップに包んだまま電子レンジ目安としては20秒~30秒ほど温めてください。

その後にオーブントースターで温めるととっても美味しくなります♪

 

ただ、電子レンジを使う場合、あまり温めすぎると中の具が破裂したり、ぶよぶよになったり、カチカチに固くなったりするので、十分に気をつけてください。

私は何度かパン(ロールパン)をカチカチにしたことがあります(汗)

 

冷凍したパンの保存期間は一体どのくらいあるのでしょうか。見てみましょう!

パン屋直伝!冷凍パンを美味しく焼き戻す方法とは?

『冷凍パン=美味しくない』と思われがちですが、ちょっと工夫すれば焼きたてのパンのような美味しい味に戻ります。

これからご紹介するのは、パン屋さんやホテルでの焼き戻し方を家庭用にアレンジしたものです!

  1. 食べる前に冷蔵庫に移し、ゆっくり解凍します。
  2. 霧吹きで水を吹きかけて、パンをしっかり湿らせます。
  3. 食パンはそのまま、菓子パンや油のついたものはホイルに包んでトーストします。
  4. 1〜2分ほど余熱で温めたら完成です!

トースターに入れる前に、水をシュッとかけて湿らすことがポイントです♪

 

さらに表面にバターを塗ることで油分が水分の蒸発を防ぐので、外はパリッと中はふんわりとした理想の食パンになります。

少々手間かもしれませんが、美味しく食べるためにも試してみてください!(^^)!

冷凍保存の期間

冷凍保存期間は、一体どのくらいあるのでしょうか?

菓子パンの種類、中に具が入っている物や乗っけてある物で多少は変わりますが、冷凍で約1ヵ月ほど保存が可能です。

 

目安となる1ヵ月を超えてしまうとパンの水分が飛んでスカスカの状態になってしまうので、出来るだけ早めに食べるようにしましょう。

また、少しでも違和感があるようでしたら食べない事をオススメします。そうならない為にも美味しいうちに食べちゃいましょう♪

スポンサードリンク

パンの冷凍保存のネット上の反応!

まとめ

いかがでしたでしょうか?パンの【冷凍保存】【解凍方法】についてまとめてみました。

大好きなパン…食べきれないと分かっていてもつい買いすぎてしまうもの(笑)

そんな時は悩んでないで冷凍保存しちゃいましょう(^^♪

 

なかなか冷凍するという発想は無かったという方もいるかもしれませんが、冷凍保存には良いことがたくさんあります!

  • 冷凍することで1ヵ月は持ちます
  • 割引パンの買いだめをすれば節約に繋がります
  • ちゃんと美味しく食べることが出来ます

パンを冷凍して、美味しく長く楽しみましょう(^^♪

最後までご覧いただきありがとうございます!

こもれびちゃん
このたびは当サイトの記事をご覧いただき、ありがとうございます。


当サイトでは芸能に関することドラマに関する話題、面白そうなことや気になったことも随時配信しています!


今回の記事について、よろしければ”感想”や”ご意見”頂けたら嬉しいです♪
コメント欄よりコメントよろしくおねがいします!


また、LINEにて友達登録をしていただけたら最新情報をお届けできますので、宜しければ下のボタンからお友達登録よろしくお願いします♪


友だち追加
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です