夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

夏になると「熱中症」の症状に気を付けなければならないですが、実はそれより怖い「夏血栓」をご存知ですか?

 

夏に起こりやすい血栓なので、「夏血栓」と呼ばれていますが、血栓は血管内で血液の塊ができることで、それにより血流が悪くなり、心筋梗塞や動脈硬化などを引き起こし、生命の危険に及ぶこともあります。

 

そこで今回は【夏血栓と熱中症の違い】【夏血栓の予防策】【血液をサラサラにする食べ物】についてまとめてみたいと思います!

さっそく見ていきましょう!

血栓とは?

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

血栓とは、血液中のタンパク質や血小板が血管中に溜まって固まったものです。

これがはがれて、血液中を流れていって、細い血管に詰まると、その先に血液が流れなくなるので、その先にある臓器の細胞が壊死(えし)してしまいます。

 

脳の細胞が壊死するのが脳梗塞、心臓の場合が心筋梗塞、肺に起これば肺血栓塞栓症というわけです。

夏血栓とは?

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

暑い夏はビールがおいしくさらに、暑いからと、冷たいビールなどをガブガブ飲んでいると、利尿作用があるので、知らずに脱水症状になっている場合があります。

また涼しい屋内で、のどの渇きに気づかず、脱水症状になっているケースもあります。

 

このように夏は知らない間に脱水症状になっていることが多く、血液がドロドロになり、血栓ができてしまう場合があり、夏に起こりやすい血栓症を、「夏血栓」と呼ぶことがあります。

夏血栓の症状とは?

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

夏血栓の症状としては、「めまい」や「動悸」、「息切れ」、「吐き気」、「冷や汗」、「頭痛」、「呼吸困難」など、熱中症の症状と似ているので、夏血栓は、適切に処置されない場合が多いのです。

熱中症かと思って手当をしているうちに、手遅れになることがあるので注意が必要です!3

夏血栓の処置とは?

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

夏の暑い日に発熱、動悸、息切れなどの症状が現れた場合、「熱中症かな…?」と簡単に自己判断をしないでください。

熱中症とは処置の仕方が違ってくるので注意が必要です!

 

  • 熱中症の場合⇒カラダを冷やすなどの処置が必要。
  • 夏血栓の場合⇒「血液を溶かす処置」が必要。

 

特に「急性肺血栓塞栓症」という、肺に血栓ができる病気では、発症から一時間以内に亡くなっている死亡率が40%となっています。

処置が遅れると後遺症が残ってしまったり、熱中症だと思って日陰で休んでいたら、突然…なんてことも(怖)

 

夏の暑い日に急に気分が悪くなれば、まず熱中症を疑いますが、実は夏血栓の場合もあるということです。

そこで間違った処置をしてしまうと命を落とす危険が一気に増すので、早めに医療機関へ行くようにしましょう。

夏血栓になりやすい人とは?

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

夏血栓は、若い方を含め誰にでも起こり得る病気であり、老若男女は関係ないのです。

その中でも夏血栓になりやすい人とは、「脱水症状になりやすい人」です。

 

外回りでなくても、デスクワークだからといって安心していると、自覚がないうちに「脱水症状」になっていることもあります。

 

また、トラックの運転手の方やデスクワークの方など、何時間も同じ姿勢でいると「肺血栓塞栓症」を発症しやすくなります。

夏血栓の予防策!

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

夏血栓のやっかいな所が、素人には自分が「熱中症なのか?」「夏血栓なのか?」判断が難しいことです。

そのため夏血栓にならないように予防につとめましょう!

こまめに水分をとる!

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

のどが渇いてからでは遅いので、屋内の涼しい場所にいても、お水やお茶を補給するように心がけましょう。

同じ姿勢を避け、体を動かす!

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

特にデスクワークの方や、立ち仕事、そして車の運転など、長時間同じ姿勢で過ごさないようにしましょう。

同じ姿勢でいると血流が悪くなり、どうしても血管がつまりやすくなります。

 

対策としてはデスクワークの方は、1時間に1度は席を立ったり軽くストレッチなどをしましょう。

禁煙する!

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

タバコによって体内に取り込まれるニコチンと一酸化炭素は、血栓症のリスクを大幅に増やしてしまいます。

血液をサラサラに!

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

血液をサラサラにする食べ物を食生活に取り入れて、血液がドロドロとしないよう気をつけておきましょう。

血液をサラサラにする食べ物とは?

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

血液がドロドロにならないように、食べる物を気を付けてみてはいかがですか?

血液がサラサラになる食べ物をご紹介します♪

納豆

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

納豆に含まれるナットウキナーゼに血栓を予防する作用があります。

ポリフェノール

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

ブルーベリー、ぶどう、紫玉ねぎなど。

ビタミンC

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

葉野菜、かんきつ類の果物、さつまいもなど

クエン酸

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

トマト、お酢などのビネガー類、グレープフルーツなどのかんきつ類の果物。

DHAやEPAを含む魚介類

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

サンマ、イワシ、アジ、鮭などの魚類。

アルギン酸

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

昆布わかめなどの海藻類

ビタミンE

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

ナッツ類、オリーブオイル、アボカドなど。

 

食事は上記の食材リストを参考にしたり、野菜を中心としたバランスのいいものを心がけましょう!

夏血栓を予防することで、熱中症予防にももちろん役立ちます(^^)v

食べ過ぎると血管がつまりやすいもの

夏血栓とは?症状や処置、予防策はこちら!血液をサラサラにする食べ物もご紹介!

逆に食べ過ぎると血管が詰まりやすいものは、に多く含まれています。

例えば、「小麦粉類」「白砂糖」、時間のたった揚げ物(スナック菓子)、そして「アルコール飲料」です。

 

できるだけ避けるようにしましょう!

夏血栓のネット上の反応!

夏血栓のまとめ

「水分」の画像検索結果

いかがでしたでしょうか?【夏血栓】についてまとめてみました!

あまり知られていない夏血栓ですが、実は良く耳にする「熱中症」より怖いことが分かりました。

 

「熱中症」と「夏血栓」は症状が似ていることから、なかなか判断が難しいのがまた怖いところで、症状は似ているものの、対処の仕方が全く違うので、すぐに医師に見ていただきましょう!

 

また、予防策として水分補給はもちろん、同じ姿勢で長時間いないことや、血液をサラサラにする食べ物を摂り入れて、夏血栓の予防に努めましょう♪

最後までご覧いただきありがとうございます!

こもれびちゃん
このたびは当サイトの記事をご覧いただき、ありがとうございます。


当サイトでは芸能に関することドラマに関する話題、面白そうなことや気になったことも随時配信しています!


今回の記事について、よろしければ”感想”や”ご意見”頂けたら嬉しいです♪
コメント欄よりコメントよろしくおねがいします!


また、LINEにて友達登録をしていただけたら最新情報をお届けできますので、宜しければ下のボタンからお友達登録よろしくお願いします♪


友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です