夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

夏のお弁当は「菌」が繁殖しやすく、どうしても食材が痛みやすくなってしまい、さらには食中毒が心配されます。

特に長時間持ち運びする「お弁当」は注意が必要です。

 

ランチタイムまでお弁当を美味しく保つためにも、上手に抗菌作用のある食材をお弁当に取り入れましょう。

 

そこで今回は、【抗菌作用のある食材】、【弁当を作る際に細菌の繁殖を防ぐ作り方】をご紹介したいと思います!

さっそく見ていきましょう!

抗菌・殺菌効果の食材!

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

菌の繁殖を抑えてくれる、心つ強い食材をご紹介します!

夏場のお弁当なんかに活用してみてください!

梅干し

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

お弁当の定番でもある「梅干し」を入れることで、ご飯が傷みにくくなります!

梅干しはクエン酸を豊富に含んでいて、その殺菌作用は胃液に相当します。

 

クエン酸の殺菌作用は腐敗細菌のほか、 Oー157をはじめとした食中毒の細菌の繁殖を食い止める効果もあります。

なので、お弁当に入れる際はできれば一ヶ所に置くのではなく、細かく刻んでご飯に混ぜ込んだり、全体的に散らしたりするのをおすすめします♪

生姜

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

生姜に含まれるジンゲロンやショウガオールには強い殺菌作用があるので、傷みやすそうな食材と混ぜると効果的です。

また、生姜には食欲増進効果もあり、肉料理や魚料理とも味の相性がいいので、お弁当に適した濃い目の味つけの生姜焼きなんかにもぴったりです♪

大葉

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

大葉の独特な香りと辛味は「ペリラアルデハイド」や「リモネン」によるものです。

これ成分には高い殺菌力と防腐効果が備わっていて、大葉特有の成分です。

 

刺身のつまや、さまざまな料理の薬味としてしそが使われるのはもちろん、おにぎりに刻んで混ぜたり、お肉料理に挟んだり、おかずの仕切りにつかったりと、お弁当にも使えるのでどんどん活用しましょう(^^)v

お酢

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

強い抗菌作用を持つ「お酢」は、梅干しと並ぶ程、防腐・抗菌効果を持っているので、ぜひお弁当に使いたいです!

そこで、ごはんを炊くときにお米1合につき酢を小さじ1杯加えて炊きましょう!

 

「油淋鶏」「酢豚」などのおかずにしたり、最後にお弁当全体に振りかけても良いですね。

また、お酢につけた「ピクルス」「マリネ」は、さっぱり味なので食欲がない夏場にもおすすめです♪

わさび

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

わさびの辛味成分である「アリルからし油」には、食中毒の原因となる細菌の増加を防ぐ効果があります。

お刺身にわさびが添えられているのはその殺菌効果を利用したものです!

 

抗菌効果を持つのでお弁当で活用したいところですが、小さな子ども用には使えないですね。

そんな時は、お弁当のフタにわさびを塗ることで細菌の繁殖を防いでくれるのでおすすめです。(くれぐれもフタを舐めないように(汗)

避けた方がよい食材

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

 

お弁当を作る際に、暑い夏場は入れないほうがいい食材をご紹介します!

「えっ!!?入れてるけど…」と思った方は、お弁当をつくる際に少し気を付けると良いかもしれません。

たまご

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

お弁当の定番と言っても決して過言では「たまご焼き」!!

みんなが大好きなおかずの一つですが、中まで火が通りにくいため傷みやすいので暑い時は残念ながら避けるべき食材のひとつです。

 

完全に火を通せばよっぽど大丈夫ではありますが、たまごのサルモネラ菌によって食中毒が起こりやすいため避けたほうが無難といえます。

どうしても入れたいのであれば、薄焼きにして入れましょう。

ジャガイモ

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

ポテトサラダやコロッケなどとしてお弁当の定番の食材の「ジャガイモ」ですが、ジャガイモには水分含有量が多いので、細菌が繁殖しやすいのです。

 

また、でんぷんが多いのも痛みが早い原因となります。

ジャガイモは火を通すのに時間がかかるため、半生の状態で詰めてしまっていることも多いので気を付けましょう。

マヨネーズ

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

上記のジャガイモとも相性のいい「マヨネーズ」ですが、油を含んでいるため他の食材と合わせると水分が出やすくなってしまいます。

生野菜と合わせたくなりますが、できるだけ避けるようにしましょう。

練り物

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

以外かもしれませんが、ちくわやかまぼこなど加工された「練り物」も傷みが早いのです。

調理しないでもそのまま美味しく食べられるので、手軽にお弁当に入れがちですが、入れる際はしっかり火を通しましょう!

 

お弁当の定番でもある「ちくわの穴にきゅうりを入れたもの」は、「練り物×生もの」なので絶対避けたいメニューです(汗)

具入りごはん

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

多くの食材が混じった「チャーハン」「炊き込みご飯」は、加熱してあったとしても傷みやすい食材です。

お弁当の中で大きい位置を占めるご飯は、チャーハンや炊き込みご飯を避けて、「白米」にしましょう!

お弁当作りの注意点!

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

お弁当を作る際に詰める食材ももちろん大事ですが、作る過程でも気を付ける必要があります。

ちょっとしたことですが、食材を傷まないようにするためにぜひ知っておいてほしいです!

素手で食べ物に触れない

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

目には見えませんが、私たちの手には菌がたくさん付着しています

お弁当を作る際は、手をしっかり洗っても細菌が付着することもあるので、食材には直接手で触れないで、菜箸などを使って詰めるようにしましょう。

 

お弁当の定番の「おにぎり」を作る際には塩をまぶしてラップを使って握る用にしましょう!(^^)!

 

食材にできるだけ菌をつけない、菌を増やさないようにするのがとても大切です!

味つけは濃い目に

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

健康のために“薄味”にしている人もいるかもしれませんが、「塩」にも殺菌・抗菌作用があります。

なので、夏のお弁当のおかずには、塩分過多はよくないですが比較的味の濃い・塩分が多めの物を選ぶことで、お弁当を細菌から守りやすくなります。

 

夏のお弁当の副菜には、作りおきする人も多い「キンピラ」がおすすめです♪

しっかり再加熱してからお弁当に詰めるようにしましょう。

水気を切る

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

細菌が大好きな「水分」はとにかく避けたいです。

蒸気がたまった水滴だけでなく、おかずから染み出してくる水分にも要注意です!

 

水分を吸収してくれる「胡麻」「鰹節」「カットワカメ」などをまぶして水分を吸ってもらうのもおすすめです!

煮物は完全に水分を飛ばして、ドレッシングは別で持って行くようにしましょう。

しっかり加熱する

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

おかずを調理する際ももちろんですが、前日の残りものも再加熱してから詰めるようにしましょう。

食中毒を引き起こす細菌の多くは熱に弱いので、加熱目安としては75度以上の加熱を1分以上続けることによって死滅します。

 

ハンバーグなどの混ぜて加工した肉のおかずは、とくに中までしっかり火を通すようにしましょう!

ご飯を温かいまま入れない

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

お昼になってお弁当を開けると、ふたや内部に水滴がついていることはありませんか?

温かいうちにお弁当箱に詰めてしまうと、水蒸気が出て水滴がついてしまいます。

 

細菌は水分が大好きなので、この水滴は雑菌が発生する原因にってしまいます。

お弁当は温かいのを食べてほしい気持ちも分かりますが、冷ましてから詰めるのが基本です!

 

特にご飯は冷めづらいので、詰める分を別の皿に広げて冷ましてから詰めるようにしましょう♪

キッチンで火を使わない3つの調理テクニック!簡単レシピもご紹介!

夏バテに効く食べ物ランキング10選!これで熱中症にならない!

夏場のお弁当作りのネット上の反応!

夏場のお弁当作りのまとめ

夏場のお弁当に入れたい抗菌食材はコレ!その作り方が傷む原因に?

いかがでしたでしょうか?夏場のお弁当作りに役立つ抗菌食材についてまとめてみました!

どんなに愛情を込めて作っても、中が傷んでしまってお腹を壊したら台無しですよね。

 

そうならない為にも、お弁当を作る際には細心の注意を払う必要があります。

最近ではそうした抗菌ように、お弁当の上に置く抗菌シートなんかも売っているので、上手く活用するのも手です♪

 

でも、抗菌シートを置いからといって安心せず、今回ご紹介した抗菌食材を使ったり、注意できる点は注意してみましょう!

 

食中毒にならないように、しっかりを対策をしましょう(^^)v

最後までご覧いただきありがとうございます!

こもれびちゃん
このたびは当サイトの記事をご覧いただき、ありがとうございます。


当サイトでは芸能に関することドラマに関する話題、面白そうなことや気になったことも随時配信しています!


今回の記事について、よろしければ”感想”や”ご意見”頂けたら嬉しいです♪
コメント欄よりコメントよろしくおねがいします!


また、LINEにて友達登録をしていただけたら最新情報をお届けできますので、宜しければ下のボタンからお友達登録よろしくお願いします♪


友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です