新元号「令和」の由来は万葉集?ネット上では批判も?

2019年4月1日11時半にて新元号が発表されました。

その名も「令和」。「れいわ」と読みます。

今回はその由来である万葉集について紹介していきます。

口コミ

新元号令和が発表されましたね👀まだ耳馴染みがないですが…どんな時代になるのか楽しみです

口コミ

新元号は「令和」に決定か。一瞬地元の地名にも聞こえたけど、江戸時代にすでに存在してるからないわなw

スポンサードリンク

新元号「令和」!

菅義偉官房長官は1日午前、平成に代わる新しい元号を「令和(れいわ)」とすると発表した。

5月1日に新天皇の即位と改元を予定する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

口コミ

新元号 何かオシャレだなぁ~

口コミ

新元号は『令和』 万葉集の梅の花の歌より引用したものだそうです。

 

新元号「令和」の由来は万葉集?

新元号の「令和」は『万葉集』”梅の花の歌”を由来としているようです。

『万葉集』”梅の花の歌”はこちら↓

万葉時代の梅は、すべて白梅で、紅梅を詠んだと思われる歌は見出せない。

梅の花は百十八首詠まれ、桜の四十二首をはるかにしのぐ。

春さればまづ咲く宿の梅の花独り見つつや春日暮さむ
山上憶良(巻五ー八一八)

百花に先がけて咲く梅の花は凛々しくて、いつの時代の人にも愛されるものだが、この時代は大陸から渡来して日本人には殊更愛でられたようである。

梅の花夢に語らくみやびたる花と吾思ふ酒に浮べこそ
大伴旅人(巻五ー八五二)

梅の花は風雅な花だと夢の中で語るという発想はおもしろい。酒杯に花びらを浮かべて飲むというのも酒好きの旅人らしい。
花の王座はなんと言っても桜である。

梅の花咲きて散りなば桜花継ぎて咲くべくなりにてあらずや
張氏福子(巻五ー八二九)

梅の花に続いて咲く花桜を待ち望んだのである。

青丹よし寧楽のみやこは咲く花の薫ふがごとく今盛りなり
小野老(巻三ー三二八)

花と言えば平安時代以降は桜を指し、この時代は梅の花を指すというのは、一説にすぎず、断定できるものではない。「薫ふ」と記されていても、いわゆる匂いではなく、目に見て映える美しさを言う。匂いのない桜の視覚的美しさを歌っていると見るのもよい。大和地方の桜は大方シロヤマザクラである。

口コミ

なんとも言えんけどすぐ慣れるだろうな

口コミ

万葉集とは日本人らしくて良いですね~!!

でも、なぜ万葉集(笑)

口コミ

梅はたしかに日本を代表する植物だし、松竹梅の順番てきにも良いところいきましたな~

口コミ

令和ってめっちゃ違和感(笑)なんか「命令」の「令」の字だからいやだな~

スポンサードリンク

新元号「令和」でネット上では批判も?


口コミ

新元号発表の生配信を ユニバのユニモン待ち列で 見るという笑笑

口コミ

新元号は「令和」 午前中のうちに嘘でしたと言ってくれ

口コミ

発表直後に手話してる人のせいで 新元号知るの一歩遅れた人いない?

口コミ

新元号、令和と書いてしゃちと読むで合ってますか?

口コミ

新元号発表の瞬間からシステムエンジニアがプログラム修正を一気に掛ける姿が目に浮かぶ

口コミ

新元号 「令和」 ってのが実はエイプリルフールだから嘘でしたー!!!wwww とかならんかな

口コミ

ニュース見れてないから新元号決まったことしかわからないので帰ったら感じの意味を調べて解釈を(勝手に)したい

口コミ

新元号が発表された途端、平成という時代がじわじわと客観的実在のように感じられて不思議な感覚に陥っている

口コミ

新元号発表の瞬間からシステムエンジニアがプログラム修正を一気に掛ける姿が目に浮かぶ

口コミ

新元号発表の瞬間に、娘とYouTube見ながら鬼のパンツを歌って踊った事をまた何十年後かに思い出すのかなぁ

口コミ

さっきすれ違ったとき、弟は手にフェルトペンで新元号書いてたし、犯捜規はどこに貼るのかわからないが新元号のテプラ量産してたし、もうじき新元号に変わるのだなぁと思った新年度初日(˘ω˘)

口コミ

 

口コミ

令和で良かった。 三文字だし令の字が上に尖ってて、トライアングル感ハンパない。 安倍晋三の字も一つも入ってない。 良かった!

口コミ

無事に新元号も発表されましたので、ミステリ好きとしては 令和元年以降と平成3X年が入り乱れたり、平行世界だったり、別世界線のミステリを期待しています。歴史改変、タイムリープ、ループもの… ミステリ作家の先生方、よろしくお願いいたします

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です