梅雨入り2019はいつ?関東・東海・関西・九州のそれぞれを紹介!

梅雨入り 2019 いつ 関東 東海 関西 九州 それぞれ 紹介

お出かけや洗濯物に影響を及ぼす梅雨の時期。

家の中にも湿気がこもりやすく、対策も必要になってきますよね!

 

そこで気になるのが梅雨入りの時期です。

今回は、2019年の梅雨入りはいつなのか?関東・東海・関西・九州のそれぞれの地域について紹介していきたいと思います!

梅雨ってどんな時期?

梅雨入り 2019 いつ 関東 東海 関西 九州 それぞれ 紹介

ここで改めて梅雨の時期について解説していきたいと思います。

梅雨と言うのは、「春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象」のことです。

 

例年、5月下旬から7月下旬まで続く、雨の多い時期のことを指します。

日本全体を平均してみると、梅雨の時期はだいたい毎年6月ごろが中心で、約1ヶ月程度続きます。

 

日本は東西南北に広がっているので、地域によって梅雨入りと梅雨明けの時期はズレが生じます。

最初に梅雨入りするのは沖縄地方。

 

最後に東北地方が梅雨入りするまでには、沖縄が梅雨入りしてから1ヶ月後と、同じ日本の中でも梅雨入りは1ヶ月ほど時期がズレるんです。

また、北海道には梅雨はないと言われています。

 

本州に梅雨をもたらすのは、梅雨前線です。

梅雨前線が日本をゆっくり北上することで、各地で雨が続くのですが、梅雨前線は北海道付近まで北上すると消えてしまうことが多く、本州のように長く停滞するということがありません。

 

ですから、北海道に梅雨はないと言われているんです。

梅雨の原因は?

梅雨入り 2019 いつ 関東 東海 関西 九州 それぞれ 紹介

梅雨って、雨が続いたり、スッキリ晴れる日も少なかったりして、気分もどんよりしてしまう日が多いですよね。

鬱陶しい梅雨の原因は、「梅雨前線」が雨を降らせることで起きます。

 

梅雨前線は、北から流れてくる冷たい湿った空気と、南から流れてくる暖かく湿った空気がぶつかる場所のことです。

温度の違う空気がぶつかり合うことで雲ができやすくなり、悪天候を引き起こすのです。

 

梅雨のメカニズムはこうです。

暖かい空気と冷たい空気がぶつかり合い、暖かい空気が上昇する。→暖かい空気に含まれていた水蒸気が上空で冷えて雲ができる。→雲の中の水滴が大きくなり、雨として地上へ降りてくる。

 

5月から7月というのは、日本の北東から冷たい空気が、南東からは暖かい空気が流れてきます。

この空気がぶつかり合うことで梅雨前線が発生し、どちらかの空気の勢いが弱くなるまでは梅雨前線は消えることなく繰り返されるのです。

梅雨入りの決め方は?

梅雨入り 2019 いつ 関東 東海 関西 九州 それぞれ 紹介

気象庁が公開しているデータには、実は正確な確定日があるわけではありません。

天気のいい日が続いていたのが、雨が多く日照時間が少ない時期に突入するまでに移り変わる時期というのがだいたい5日程度あるのですが、その5日間のうちの真ん中の日を梅雨入りにしているのだそうです。

 

梅雨入りの時期も「何日頃」としてあり、「何日!」とはっきりした日付が決まっているわけではありません。

晴れが続いている日から、今後天気が悪くなるだろうとする日を予測し、実際に雨が降り出した日を梅雨入りの日としているのです。

 

最終的に、9月に気象台の観測結果を再検討し、その年の梅雨入りの時期を記録として残します。

例えば梅雨入りの時期には「6月10日が梅雨入り」といっていても、9月に再検討した結果「6月9日が梅雨入り」となる場合も充分にありうるのです。

平年の梅雨入りの時期は?

梅雨入り 2019 いつ 関東 東海 関西 九州 それぞれ 紹介

関東・東海・関西・九州地方の平年の梅雨入りは以下の通りです。

  • 九州南部  5月31日頃 
  • 九州北部  6月 5日頃
  • 近畿    6月 7日頃 
  • 東海    6月 8日頃
  • 関東    6月 8日頃

2019年関東の梅雨入りは?

梅雨入り 2019 いつ 関東 東海 関西 九州 それぞれ 紹介

過去の気象庁のデータを調べると、平年関東の梅雨入りは6月8日頃。

梅雨明けは7月21日頃です。

 

関東の梅雨入りの過去10年のデータを見てみると、5月下旬が2回、6月上旬が7回、6月中旬が1回となっています。

さらに、過去3年間の梅雨入りの時期から予測して、2016年が6月5日頃、2017年が6月7日頃、2018年が6月6日頃となっていること。

 

関東の梅雨入りが平年6月8日であることから2019年の関東の梅雨入りを予測すると、だいたい5月28日から6月10日間になるのではないでしょうか!

2019年東海の梅雨入りは?

梅雨入り 2019 いつ 関東 東海 関西 九州 それぞれ 紹介

東海地方は、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県のことを指しており、太平洋側気候、内陸性気候、日本海側気候と気候の境目となる地域です。

長い年月の中で、東海地方の梅雨入りは年々早まっている傾向にあります。

 

さらに、東海地方では6月1日~6月10日頃の梅雨入りが全体の50%となっていて、この時期の梅雨入りの確立がかなり高いということもわかります。

東海地方の平年の梅雨入りはだいたい6月8日頃ですが、2017年は6月21日頃、2018年は6月5日頃と開きがあることもわかります。

 

2019年の東海地方の梅雨入りは、6月1日頃から6月15日頃になるのではないでしょうか!

2019年関西の梅雨入りは?

梅雨入り 2019 いつ 関東 東海 関西 九州 それぞれ 紹介

関西地方は、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県となっています。

関西地方での平年の梅雨入りは6月7日頃ですが、年々梅雨入りの時期が早まっている傾向にあります。

 

2017年の梅雨入りの時期は6月20日頃。2018年の梅雨入りの時期は6月5日頃でした。

近年だけでも結構開きがあるように思えますが、これらのデータから予測すると、2019年の関西地方の梅雨入りの時期は5月29日から6月12日頃の間になるでしょう!

2019年九州の梅雨入りは?

梅雨入り 2019 いつ 関東 東海 関西 九州 それぞれ 紹介

九州では、梅雨前線の勢いが強いまま残るので、雨が降ると大雨になる傾向が強いです。

九州地方は南部と北部に分けられます。

 

それぞれの梅雨入りの時期について見ていきましょう!

九州北部の梅雨入り

梅雨入り 2019 いつ 関東 東海 関西 九州 それぞれ 紹介

九州北部というのは山口県、福岡県、大分県、佐賀県、長崎県、熊本県のことを指します。

過去のデータでは、九州北部では6月上旬の梅雨入りが60%と最も多く、平年の梅雨入りは6月5日頃となっています。

 

過去10年間のデータを見てみると、5月末頃の梅雨入りも多くなってきている傾向にあるようです。

2017年の梅雨入りは6月20日頃、2018年の梅雨入りは6月5日頃であることから2019年の九州北部の梅雨入りを予測すると、5月28日頃から6月12日頃となるでしょう!

九州南部の梅雨入り

梅雨入り 2019 いつ 関東 東海 関西 九州 それぞれ 紹介

九州南部というのは、宮崎県、鹿児島県の本土、種子島、屋久島のことを指します。

九州南部の梅雨入りは平年5月31日頃です。

 

過去のデータをみてみても、九州南部では5月下旬に梅雨入りした年、6月上旬に梅雨入りした年というのが多いです。

2017年の梅雨入りは6月6日頃。

 

2018年の梅雨入りは6月5日頃でした。

これらのデータから予測すると、2019年の九州南部の梅雨入りは、5月23日頃から6月7日頃であると予測されますね。

梅雨入り2019はいつ?関東・東海・関西・九州のそれぞれを紹介!まとめ

梅雨入り 2019 いつ 関東 東海 関西 九州 それぞれ 紹介

関東・東海・関西・九州の2019年の梅雨入りの時期を予測してまとめてみました!

梅雨に入ると、雨で予定が狂ったりして嫌な思いをすることも多いかもしれません。

 

洗濯物も乾かず、不便だなぁと感じることもきっとありますよね!

日本に住んでいる限り、梅雨は避けて通れません。

 

梅雨入りをしっかりチェックしておくことで、梅雨に入ったらできないことは梅雨の前にすませておくようにしたいですね!!

それぞれの地域の梅雨入りの時期を参考にしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です