日焼け止めや日傘より効果のある飲む日焼け止めとは?成分に危険性は?

日焼け止め 日傘 効果 飲む日焼け止め 成分 危険性

太陽の日差しが熱く気になる季節になってくると、やっぱり重要なのは紫外線対策ですよね!

肌は、油断をしているとすぐに日焼けをしてしまうものです。

 

ちょっとならいいでしょ!と思って日焼け対策をしないでいると、家の中でも日焼けをしてしまうことも。

日焼けは気になるけど、常に日焼け対策をしておくなんて無理じゃない?と思っている方にオススメなのが「飲む日焼け止め」です。

 

今回は、日焼け止めや日傘より効果のある飲む日焼け止めとはどんなものなのか?成分に危険性はないのか?について詳しく見ていきたいと思います!

飲む日焼け止めとは?

日焼け止め 日傘 効果 飲む日焼け止め 成分 危険性

日焼け対策として主流なものと言えば、乳液やジェルのような、肌に塗るタイプのものですよね。

しかし、最近では「飲む日焼け止め」というのが人気になってきているんです!!

 

飲む日焼け止めは、女性誌の美白・紫外線対策の特集でも、女医や美容家などが愛用しているとして紹介されていたりして注目を集め、美白への意識の高い女性たちの間ではかなり話題となっている商品なんです!!

見た目として、肌が白いほうがいい!という女性はもちろんのこと、紫外線対策をしておくことはとても重要なことなんです。

 

紫外線を浴びると、細胞が傷つけられてしみや皮膚がんの原因になってしまうことも。

顔や手などの紫外線を浴びやすい部分はもちろんのこと、服を着ていても紫外線は身体に届いているのです。

 

そして、顔などに紫外線を浴びてしまうと、しわやたるみの原因にもなってしまいます。

飲む日焼け止めは、紫外線によって発生するメラニン色素を抑制する成分や、抗酸化作用のあるニュートロックスサンという物質が入っていて、日焼けを軽減してしみやしわの原因を抑えながら日焼けを防止する効果が期待できるサプリメントのことです!

飲む日焼け止めは日傘よりも効果がある?

日焼け止め 日傘 効果 飲む日焼け止め 成分 危険性

「肌に直接塗らないのに飲むだけで本当に日焼け止めの効果があるの?」と不安に思う方も多いと思います。

飲む日焼け止めは、飲むことで体内から紫外線による日焼けを防ぐことができます。

 

塗る日焼け止めや、日傘など紫外線を遮ることのできる道具ももちろん日焼け対策にはなりますよね。

しかし、紫外線というのは、日傘をさしても照り返しで完全に防ぎきれなかったり、肌だけでなく目や髪の毛にも影響を及ぼします。

 

さらに、しっかり日焼け止めを塗るだけでは防ぎきれない日差しのときでも、どうしても日傘をさせない!という場面もあると思います。

野外やプールなどで思いっきり遊びたいときなどに日傘は常にさしてはおけませんよね。

 

そういったときにも、飲む日焼け止めを飲んでおくことで身体の中から紫外線対策をしておくことができるんです!!

さらに、塗る日焼け止めで肌荒れをしてしまうので日焼けが気になるけどあんまり日焼け止めが塗れない…という方にも飲む日焼け止めはオススメです。

 

肌に直接塗らなくていいし、塗りムラの心配や、汗や水などで落ちてしまったときの塗り直しの必要性もなくなりますよ!!

家の中にいるときや雨の日でも紫外線は少なからずあたっています。

 

そんなとき、飲む日焼け止めを飲んでおくことで、日焼け止めを塗ることがためらわれるようなときでもしっかり紫外線対策をすることができるんです!!

飲む日焼け止めの成分に危険性はある?

日焼け止めを飲むなんて身体に危険性はないの?と心配に思われる方もいると思います。

飲む日焼け止めの成分にはどんなものが配合されているのか見ていきましょう!

ニュートロックスサン

日焼け止め 日傘 効果 飲む日焼け止め 成分 危険性

飲む日焼け止めには、ニュートロックスサンという成分が含まれているものが多いです。

ニュートロックスサンというのは、シトラス果実やローズマリーなどから抽出される天然のポリフェノールのこと。

 

ニュートロックスサンは、活性酸素をコントロールする、メラニン色素の生成を抑制する、紫外線に対する保護力がアップするなどの効果があります。

これまで、美容皮膚科や個人輸入でしか手に入れることができなかった最先端のUVケア成分のことで、飲み続けていくことで保護力が上がり、3ヶ月間続けて飲むと、約60%防御することができるという研究結果があります。

 

紫外線をたくさん浴びてしまった身体の中で発生する活性酸素をコントロールし、肌の炎症を抑制してくれる効果が期待できます。

ニュートロックスサンは、一日に250mgを摂取するといいと言われていて、この規定量を満たしているサプリメントは、日傘サプリ認定ロゴマークがついています。

 

このロゴマークは、厳しい基準を通過したメーカーのものだけが取得できるものなので、飲む日焼け止めを選ぶときにはこのロゴマークをチェックするようにするといいかもしれませんね!

ニュートロックスサンは、紫外線を浴びる前に飲んでも、浴びたあとに飲んでも、効果が期待できると言われています。

 

アフターケアにもしっかり使えるのが嬉しいですね!

フラバンジェノール

日焼け止め 日傘 効果 飲む日焼け止め 成分 危険性

フラバンジェノールというのは、フランス南西部に広がる海岸松の樹皮から抽出されたポリフェノールのことで、強い紫外線や潮風から身を守るためのポリフェノールがたくさん含まれています。

フラバンジェノールには、抗酸化作用、メラニン色素の生成を抑制する効果、メラニン色素を体外に排出させる効果があります。

 

紫外線を防ぐ成分だけでなく、ビタミンCの600倍もの高い抗酸化作用があることもわかっていて、新陳代謝を活発にしてメラニンを身体の外に排出させたりする働きもあり、日焼けを予防しながらお肌のシワやシミにも効果があり、美容にいい植物由来の成分として注目されている成分なんです!!

ファーンブロック

日焼け止め 日傘 効果 飲む日焼け止め 成分 危険性

ファーンブロックというのは、中米原産のシダ植物の一種から抽出される成分で、古代マヤ文明の時代から血液浄化剤として飲まれていたものです。

クレンジング効果が高いと言われていて、皮膚疾患の治療に使用されてきました。

 

ハーバード大学と、光老化対策を研究する専門家のチームによってしっかりと安全性と有効性が確認されているので、安心して使用することができます。

使用されてきた歴史も長く、信頼性の高い成分として確率されているものです。

 

ファーンブロックには、免疫防御作用、抗酸化作用、DNA保護作用、皮膚構造維持作用 があります。

メラニンの生成を抑制する効果や、日焼けや炎症による赤みを抑える効果、肌細胞のダメージを防いで皮膚がんや紅斑の予防をする効果や、紫外線による肌内部の線維芽細胞へのダメージによるコラーゲンの減少を抑制する効果が期待できます。

 

ここまで二種類の飲む日焼け止めサプリを紹介しましたが、ホワイトヴェールという飲む日焼け止めサプリが私は効果が一番ありました。今なら通常7560円が2480円で送料無料なのでおすすめです♪

ホワイトヴェール公式サイトで詳しい効果や口コミを確認する!

過剰摂取はNG

日焼け止め 日傘 効果 飲む日焼け止め 成分 危険性

飲む日焼け止めは、薬ではなくサプリメントなので食品に分類されます。

天然成分を抽出して作られているものなので、副作用などはなく安心して使えるものではありますが、日差しが強いからたくさん飲んでおけば効果が上がるかも!と言って過剰摂取するのは避けましょう。

 

副作用のないサプリメントでも、用法用量を守らないで使用することで健康被害が起こる可能性も否めませんので注意が必要です。

日差しが特に気になるという日には、飲む日やけ止めと一緒に、塗る日焼け止めも併用することをオススメします!

日焼け止めや日傘より効果のある飲む日焼け止めとは?成分に危険性は?まとめ

日焼け止め 日傘 効果 飲む日焼け止め 成分 危険性

今話題の、飲む日焼け止めについて紹介してきましたがいかがでしたか?

日焼け止めは、肌に直接当たる紫外線を身体の外から防ぐだけでなく、飲む日焼け止めを飲むことで身体の中からも防御することができます。

 

身体の内側からしっかりと紫外線対策をすることで、肌に直接塗る日焼け止めや、日傘よりも全体をカバーして紫外線対策を行うことができます。

飲む日焼け止めは、天然成分を抽出して作られているので、危険性の心配もないサプリメントなので安心して飲むことができます。

 

今年は、塗る日焼け止めに、飲む日焼け止めもプラスして、身体の外側からも内側からも紫外線対策をして絶対に焼かない!!を目指してみてはいかがでしょうか?

↓今なら通常7560円が2480円(今なら送料無料!!)↓

ホワイトヴェール公式サイトで詳しい効果や口コミを確認する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です