フードシェアリングとは?実施店舗、通販はこちら!

日本では、年間約621万トンのまだ食べられる食べ物が廃棄されているのが現状です。

そこで今年、注目されているのが【フードシェアリング】という新サービスです!

 

まだ食べられるのにどんどん捨てられてしまう食べ物を「皆でお得に食べよう」という取り組みです。

いったい『どういう仕組み』なのか、提供される『地域』『お店』についてまとめました。

スポンサードリンク

フードシェアリングとは?

フードシェアリングとは、飲食店や惣菜店などで売れ残りなどの理由で残ってしまう「まだ食べられるのに捨ててしまうフードロス」を削減するため、捨てる予定だった食品を割引や寄付として食べたい人に提供するサービスです。

 

フードシェアリングをすることによって、食品を捨てていたお店側も収益が上がり、フードシェアリングサービスを利用している人は商品を安く手に入れられるので、双方がお得に利用できるのです♪

「みんなでお得に食べよう」というコンセプトにとても環境に優しい取り組みなのです。(「みな得フードシェアリング」とも言われています。)

 

海外ではフードシェアリングを個人や家庭が提供するほど、すでに浸透している取り組みなのです。

ドイツのベルリンでは、余っているものをサイトに投稿して必要な人が待ち合わせ場所や家に取りに来て引き渡したり、街の公共の冷蔵庫に入れておき必要な人が取りに来る方法などで、フードシェアリングをしています!

積極的にフードシェアリング活動をしている人は“Foodsaver”と呼ばれるそうです。

日本で提供中のフードシェアリングは?

日本でもまだ食べられるのに廃棄されてしまう食べ物を救うべく、フードシェアリングの取り組みが始まっています。

現在、フードシェアリングを行っているのは、

  • TABETE
  • Reduce Go
  • KURADASHI.JP

になっています。

それぞれ具体的な仕組みや行っている活動を詳しく見ていきましょう♪

TABETE

TABETE は、飲食店や惣菜店などで発生してしまう「見た目が悪い」や「賞味期限が近い」などの理由で“本来なら捨てられてしまう食べ物”をいかすフードシェアリングのサービスをしています。

最後まで売りきる・食べきることを目標にしている社会派 Web サービスです。

 

そこでTABETEでは、せっかく想いを込めて準備した食事を無駄にしたくないというお店の想いを「食べ手」が発見し、「フードシェアリング」と呼ばれる方法で食事を生かす取り組みをしています!

 

欧州などでは広く浸透していますが、国内では初と試みとなります!!

TABETEはサイトに登録し、その日に店が出品したメニューや数・値段が表示されるので注文して、あとはお店に取りに行くだけです。

 

現在限られたユーザーを対象にクローズドβ版テストを行っていて、正式リリース前に問題点や改善策を見つけ出しています。安全に運営するための準備ですね♪

 

人気のサービスは一定数以上に増えてしまうと会員登録をストップしてしまう可能性があります。

料金については、通常価格の半額以下などそれぞれの飲食店が設定します。

本来ならば捨てられてしまうものなので、大変お得に手に入れられます。

Reduce Go

こちら「Reduce Go」は【定額制のフードシェアリングサービス】です。「Reduce Go」を利用するには、月額1980円を支払えば1日2回まで飲食店などの出品している余り物を手に入れることができます。

毎日のようにお店に取りに行くことができるという方にはとってもお得なサービスですよね!

こちらはアプリでお料理を探して注文、店内で飲食したり、テイクアウトするといった仕組みです。

こちらは現在限られた利用者を対象に、東京23区内でサービスを展開しています。(現在は事前登録をしている会員のみ新規会員登録が可能です。)

「Reduce Go」でも、本来ならば捨てられてしまうものが大変お得に手に入れられます。

KURADASHI.JP

「KURADASHI.JP」は【通販のフードシェアリングサービス】です。商品のラインナップとして、廃棄する前の季節商品や賞味期限の近いものなどがあります。

 

さらに、「KURADASHI.JP」は商品ごとに社会活動団体への支援金額が設定されています!なので、「KURADASHI.JP」で安く商品を購入するだけで自然に社会貢献をしていることになるのです♪

これは面白くて良い仕組みだと思います!

「KURADASHI.JP」のほとんどの商品が50%以下が当たり前になっていて、とてもお得な値段設定になっています!!

提供地域は?

どこで利用できるのか、調べてみました!

その結果は、日本の主要都市では利用できるのかと思いきや、現在は東京23区内で試験的に行われていることしかわかっておりません。

 

東京・大阪・福岡・札幌などの大都市で利用できそうな勝手なイメージでしたが、TABETEもReduce Goもまだ正式リリースはされていませんでした。

今後、限られた地域だけではなく、徐々に知名度もあがれば賛同する店舗も増え、活動も拡大していくものと思われます。

フードロスを減らす対策方法

日本の食料廃棄量は世界トップクラス…!こんな不名誉なことはないです。

だからこそ、積極的にフードロス問題と向き合い、解決していかなければならないのが現状です。

 

そもそもフードロスがあるから考えられた仕組みなのですが、フードシェアリングにいたる前に無駄が出てしまわないような対策を取りましょう!

それではさっそく、【フードロスをしない方法】を見ていきましょう!

フードロスの記録をつける

 

まず、どのくらいの無駄が出ているのかをしっかり把握すること&知ることが大事です!

「知らない」では何も手の打ちようがありません…。毎日どのような食材をどれほど捨てているのかを確認しましょう。

現状をきちんと把握することで、その後の対策も考えやすくなります。

仕込みの量の調整

 

フードロスの状況をしっかり把握して、どのような食材がどれだけ捨てられているのか分かれば、それにともなった仕込みをするまでです!

 

売り上げとともにしっかりと分析をして、あまり人気のないメニューの材料は、必要以上仕入れ&仕込みをしないように調整しましょう。

仕入れすぎや仕込みすぎは廃棄に繋がってしまうので、何ごともやりすぎはよくないですね!

注文方法の工夫

 

商品を提供する個数を小盛りやハーフサイズなどといった細かく柔軟な対応もおすすめです!

お客様が必要な分だけを小分けに注文できるようにすると、食べきれる量を選択できるので、自ずと食べ残しが減っていきます。

 

フードロス対策について考えることは、お店の利益を上げるためだけではありません。

フードロスをなくすことは、貧困や飢餓をなくすきっかけになるだけでなく、無駄な食料資源を省くことにも繋がり、社会的にとても意味のあるものです。

フードロスを削減し、社会貢献に協力しましょう。

スポンサードリンク

 

フードシェアリングのネット上の反応!

まとめ

いかがでしたでしょうか?【フードシェアリング】についてまとめてみました!

フードロス対策で環境にも優しいフードシェアリングが当たり前になったらいいですよね。

 

食べ物を無駄にしない素晴らしい取り組みがもっと多くの地域に広がりますように…!!

そして、お店側も利用者側もお得に視線環境に取り組みましょう(^^♪

夏の準備は出来ていますか!?

夏といえば薄着になるので、ムダ毛処理も大変ですよね!
でも、エステに通うと時間もかかるし、費用も20万円ほどかかってしまいます・・・。

そこで最近流行っているのが、”除毛クリームと除毛スプレー”です!
”除毛クリームと除毛スプレー”なら1回5分くらいで出来て、自宅で全身の除毛が出来ちゃいます♪

また、費用も3,000円~4,000円ほどで出来るので、財布にも優しいです!
最近の”除毛クリームと除毛スプレー”は美肌効果や抑毛効果も高く、使うたびにムダ毛が生えなくなり、お肌もツルツルになっていきます♪

「でもどんな”除毛クリームと除毛スプレー”がいいのか分からない・・・。」

そんな方に向けて、今年の夏にオススメの”除毛クリームと除毛スプレー”をランキングで紹介していますので、是非参考にしてくださいね♪

除毛クリーム&スプレーランキング2018年版

最後までご覧いただきありがとうございます!

こもれびちゃん
このたびは当サイトの記事をご覧いただき、ありがとうございます。


当サイトでは芸能に関することドラマに関する話題、面白そうなことや気になったことも随時配信しています!


今回の記事について、よろしければ”感想”や”ご意見”頂けたら嬉しいです♪
コメント欄よりコメントよろしくおねがいします!


また、LINEにて友達登録をしていただけたら最新情報をお届けできますので、宜しければ下のボタンからお友達登録よろしくお願いします♪


友だち追加

【おススメ記事はこちら!】

東京ストロベリーパークの料金は?ブュッフェも充実!口コミはこちら!

クレープゴリラの『ゴリラ盛り』とは?販売店舗一覧はこちら!

新潟の『イタリアン』とは?フレンドでは餃子がセット?秘密のケンミンSHOW!

ミッキーパンの3種類の味とは?「スウィートハート・カフェ」35周年スペシャルセット!

パイナップルラーメンとは?意外な組み合わせが美味しいと話題に!

もんげーバナナが売っている所は?価格もご紹介!TV「教えてもらう前と後」

『岐阜横丁』が玉宮に誕生!全国最大規模の店舗数とは?オープンはいつ?

4 件のコメント

  • 家は4世帯同居とあって、とにかく食べ物、雑貨品にお金がかかります。ですので常にお買い得品を眺めては、購入しておりますので、このようなシステムを待っていました。
    是非活用したいと思っています。

    • 4世帯同居とは大変ですね!
      このようなシステムがもっともっと普及して、日本全国で展開されることを願っています!

  • 画面見て廃棄してるの見ててもったいないです、私の所は母子家庭で経済的に楽とは言えないです、無料でいただけるならなんでも欲しいですね、世の中大変な方はたくさんいるんです、私はもしいただけるなら助かります

    • コメントありがとうございます♪
      ただ捨てるなんて勿体無いですよね!

      今まで普通に捨てられていたこと自体に驚きました・・・。
      日本は品質にこだわりすぎて見えて無い部分がまだまだあるのだと実感しました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です