大坂なおみ日本国籍を選び罰金10億円?日本とアメリカの課税がやばすぎる!

テニス会の“絶対女王”として生まれ変わった大坂なおみ選手。

大坂なおみ選手は現在日本とアメリカの二重国籍となっていますが、日本の法律によって22歳までには2重国籍をやめて1つの国籍に決めるルールがあります。

 

大坂なおみ選手は現在21歳。

そろそろ決める必要があるということですね。

実際のところ、すでに日本国籍にすることを決めているらしく、そのように動いてるとのこと。

 

そこで話題になっているのが、日本国籍を選ぶことで罰金10億円が支払われるということ・・・。

そのことについて詳しくみていきましょう!

スポンサードリンク

大坂なおみ日本国籍を選び罰金10億円?

“絶対女王”の誕生に世界中が熱狂している。全豪オープンで日本人初の優勝を果たした大坂なおみ(21)。
昨年の全米オープン優勝に続き、グランドスラム2連覇。さらにはアジアで初となる世界ランキング1位の快挙を達成した。だが、彼女は全豪優勝後のインタビューでこう語っている。

大坂なおみ 表彰式でセリーナにささやかれた言葉明かす

「世界ランキング1位は私のゴールではない。全仏で優勝したい。どのトーナメントでもいいプレーをしたい」

21歳ながら、次々と歴史を塗り替えていく大坂。そんな彼女は今“大きな決断”を迫られている。

「ハーフである彼女は現在、日本とアメリカの国籍を持ついわゆる二重国籍です。日本の法律では、今年10月に迎える22歳の誕生日までにどちらかの国籍を選択しなくてはなりません。
法的な罰則自体はないので、なかには二重国籍のまま生活する人もいます。しかしスポンサー契約も多く抱える大坂選手は、どちらかに決める必要があるでしょう」(日本テニス協会関係者)

これまでも「日本代表として東京オリンピックでプレーして金メダルを獲るのが夢」とたびたび語ってきた大坂。しかし、夢の実現には大きな壁が立ちはだかっている。アメリカの税制だ。
日本国籍を選択することで、実に多くのデメリットが出てくるというのだ。
日米公認会計士兼日米税理士で国際会計アドバイザーも務める福留聡さんはこう解説する。

「アメリカは日本と同じ累進課税制ですが、いちばん高いところでも37%。
地域によっては最大で55%になる日本と比較してもその差は一目瞭然です。さらに大坂選手が生活しているフロリダは州税もありません。
日本にも控除はあるとはいえ、納税額だけ見るとアメリカに住んでいるほうがいいでしょうね」

問題はそれだけではない。大坂が日本に移住した場合、多大な損失が発生するという。福留氏は続ける。

「アメリカには国籍離脱税という制度があります。
米国籍を放棄してもアメリカに居住しているのであれば、所得税が発生するので問題ありません。
ですが、別の国に移住する場合は課税対象となります。
課税額は全財産を時価評価したものと、減価償却したものとの差額に対して最大で23.8%発生する計算です。つまり、今ある財産をすべて売った場合の金額に税金が発生するということです。
大坂さんの場合は、大会の賞金も含まれるので相当な額になるでしょう」

これまでの大会賞金やスポンサーとの契約料を合わせると約40億円ともいわれる大坂の収入。つまり彼女が日本を選ぶことで、約10億円という大金を支払う可能性が出てくるのだ。
大きな代償と背中合わせの大坂。それでも、彼女はすでに日本籍を決心した。

「大坂選手は昨年の国別対抗戦に日本代表として出場しています。
オリンピック憲章では、1つの国の代表となった選手は、3年間が経過しないと他国の代表になれないという決まりがあります。
つまり、東京オリンピックに日本代表として出場することが決まったと言っていいでしょう。
なにより、彼女は日本の文化が大好き。日本人ラッパーの曲を何度も聴いて、日本語の勉強をしている姿は大きな話題になりました。
全豪中に更新したSNSでは、鎌倉にある竹林に行った様子を紹介していました。
また、今年に入ってから大坂選手が『おじいちゃんの住む根室に行きたい!』とうれしそうに話していたそうなんです」(スポーツ紙記者)

そして、今回の決意には大坂が駆け出し時代から抱いてきた思いも影響しているという。

「大坂選手はジュニア時代にたくさんアメリカの大会に出場していましたが、成績はいまひとつでした。ご両親はアメリカのテニス協会に支援を要請しましたが、取り合ってもらえなかったそうです。
そんなとき、いち早く彼女の才能に気づいたのが日本テニス協会の吉川真司コーチ(41)でした。
協会に掛け合い日本での練習場所を確保するなど、熱心にサポートしてきました。
そうした支えを糧に、彼女は目覚ましい成長を遂げていった。いっぽうアメリカ側は彼女が活躍し始めた途端に多額の援助を申し出たそうなんです。
大坂選手はそうした対応の違いを忘れていませんでした。だからこそ日本代表として活動することを選んだそうです」(前出・スポーツ紙記者)

開催まであと1年となった東京オリンピック。大坂は、日の丸を胸にそのコートに立っていることだろう――。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190206-00010001-jisin-ent

大坂なおみの日本とアメリカの課税がやばすぎる!

つまり、日本国籍を選ぶことによって今までになかった所得税がいっきに請求されるのと、アメリカから日本に移住することによって、そっちでも税金が発生するということですね。

男性
報道を見る限り、アメリカも大坂なおみをアメリカ人として出場させるべく色々画策させてたみたいだし、中国の卓球選手が世界中で各国代表になったりするのもあるし、「自国の手柄にしたい」のって結構同胞としての本能的な現象なのでは?海外在住の日本人のこの種の話題の捉え方が独特なだけで。

女性
別に二重国籍を認める必要性はない 本人がアメリカ国籍を選べばアメリカ人 日本を選べば日本人。それだけ 普通の日本人は日系アメリカ人を日本人だとは思ってない

大阪なおみちゃんの成果を日本初、アジア初と堂々と言うなら二重国籍を認めるべきですね。

役所もマスコミも一般人も、普段はルーツが複数ある人や、海外在住日本人をゴミの様に扱うくせに、他国の国籍があったらパスポートさえ維持を認めない。

 

都合の良い時だけ日本人だ日本人だというのは狡猾です。

男性
坂なおみにはしゃいでる人たちと、この国の仕組みを維持してる人たちはそれほど一致しませんから、この件で何か言うなら対象を限定したほうが良いです。でなけりゃ「また始まった」ってなるのがオチですよ。

女性
二重国籍者の選挙権、社会保障、健康保険、どこまで認めるのか日本ならではの問題があるから仕方ないですね。

発光青色ダイオードを発明した人がアメリカ国籍を得て日本国籍を捨てたのに、ノーベル賞を得た途端の日本のマスコミの報じ方は・・・。

科学研究費がアメリカの国防省から出てる関係でアメリカ籍になるしか無かったんじゃなかったっけ。

男性
日本の法律が重国籍を認めていないから日本国籍を放棄せざるを得なかった。米国は重国籍を認めているので放棄に至ったのは日本の法律の問題。逆にそれでも重国籍者が米国国籍を放棄すると国籍離脱税資産の20%を米国に取られる。

女性
現在は事実上の容認ですね。国籍は参政権に直結する以上はクッキーみたいに気軽に配るものではなく、必要な法律を整えた上での議論が必要だと思います。

罰則も取り締まる手段もないので、現状でも二重国籍は暗黙のうちに認められているのでは?

彼女みたいに注目されると嫌でも22歳までに選択しないといかんので、むしろ可哀想な感じはします。

男性
政治等に関わらない一般市民ならまぁ。 ギャーギャー騒がれてる人は大体政治関連だと認識してたけど違ったの? もしくは政治等に影響を与えるほどの会社の偉いさんとか。

女性
なおみちゃんの政治利用や利権運動への利用は止めて下さい。自分が欲しいと言えばいいのに海外に縁があるというだけで都合のいい時だけ彼女を利用するのはプロのアスリートに対して失礼だと思います。

大坂選手は選手登録を日本と選択してるので、日本初、アジア初の偉業として讃えられてるのでは?

まぁそれはそれとして二重国籍を認めるべきというのは賛成です。

スポンサードリンク

大坂なおみの試合動画





大坂なおみ日本国籍を選び罰金10億円?日本とアメリカの課税がやばすぎる!まとめ

大阪なおみの国籍選択の決断は基本米在住だけど昔からアメリカよリ日本が好きというニュアンス出しているし国籍だけ日本にするのもアリだと思う。

日本移住すれば10億円課税するが其の大金を払うデメリットや日本移住する必要性無いならアメリカに居続け時々日本に遊びに来る感じで良いかと。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です