江の島花火大会2019はオリンピックの影響で開催中止に!2020年も中止に?

江の島花火大会 2019 東京オリンピック 影響 開催中止 2020年 中止

例年、10月の第三土曜日に開催されていた湘南の秋の風物詩「ふじさわ江の島花火大会」。

江の島をバックに、片瀬海岸西浜から打ち上げられるスターマインなどの色とりどりの花火は圧巻です。

 

秋という時期に盛大に行われる花火大会ですが、2019年の開催は中止になることが決定しました。

今回は、江の島花火大会2019はオリンピックの影響で開催中止に!2020年も中止に?について見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

江の島花火大会の概要

江の島花火大会 2019 東京オリンピック 影響 開催中止 2020年 中止

まずは、江の島の花火大会はどのぐらいの規模なのかについて見ていきましょう!

打ち上げ数 3000発
打ち上げ時間 45分
有料席(パイプ椅子) 1名2,500円(2500席アリ)
交通アクセス/最寄駅 江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩5分
小田急片瀬江ノ島駅から徒歩2分
湘南モノレール湘南江の島駅から徒歩7分
東名厚木ICから車で50分
駐車場 1636台  400円~/60分

 

【打ち上げ場所】

江の島花火大会2019が中止になった理由

江の島花火大会 2019 東京オリンピック 影響 開催中止 2020年 中止

ふじさわ江の島花火大会の実行委員会は、10月に予定していた花火を「安全性が充分確保できない」として中止することを決定しました。

実行委員会事務局の藤沢市観光協会によると、東京オリンピックでは、江の島でセーリング競技が行われるということから、最寄の小田急・片瀬江の島液が改修工事中であることから、昨年までは8口あった改札口が実質4口になってしまうこと、さらにホームの工事も行われているため、駅構内に十分なスペースがないということで開催中止を決定したとのことです。

 

例年10月第三土曜日の開催を平日に変えるということも検討しましたが、通勤通学客があって臨時列車が増発できないこと、開催日が横浜市で決勝があるラグビーW杯と重なって、委託業者や警察の警備も不十分であるということなどから、この案も却下となりました。

2019年の江の島の花火大会は、会場周辺の状況をふまえて、検討を重ねた結果、観覧客の安全性の確保と言う観点から開催の中止を決定したとのことです。

スポンサードリンク

2020年は開催される?

江の島花火大会 2019 東京オリンピック 影響 開催中止 2020年 中止

2019年の中止は、今年度に限ったものであり、2020年度についてはあらためて開催に向けた検討及び準備を行っていくということです。

詳しい情報は公式ホームページを参考にしてください!

 

【お問い合わせ先】
ふじさわ江の島花火大会実行委員会・江の島マイアミビーチショー実行委員会
事務局(公社)藤沢市観光協会
TEL:0466-55-4141

 

江の島花火大会2019開催中止を残念がる声も

江の島花火大会 2019 東京オリンピック 影響 開催中止 2020年 中止

 

江の島花火大会2019は東京オリンピックの影響で開催中止に!2020年も中止に?まとめ

江の島花火大会 2019 東京オリンピック 影響 開催中止 2020年 中止

 

江の島花火大会2019は、東京オリンピックの影響で開催中止になることが決定しています!

毎年、10月に開催される江の島の花火大会を楽しみにしていた人も多く、開催中止を残念がる声も多いですね。

 

2020年には、開催に向けて準備が行われているということで、開催中止になるのは2019年だけのようですね!

東京オリンピックの準備で安全確保が十分に行えないということで、開催中止は致し方ないことなのでしょう。

 

2019年の開催中止は残念ですが、2020年の開催を楽しみにしましょう!

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です